アグロシャーマン入門②マリガン・キャラ対編

前回のラブライブ!

t.co

 

今回はマリガンとキャラ対。その前にゲームプランを列挙しておく。後ででてくる①、②、③はこの番号に対応している。

 

1.オールフェイス早期決着プラン

オーソドックスなアグロシャーマンと同じプラン。対レノ系、ローグ、プリーストなどに有効。トレードは最低限に、最後はボードを捨てて火力で焼き切る。

 

2.ボード確保プラン

火力は除去に、ミニオンは有利トレードを繰り返しボードを確保し続け、最後は挑発で蓋をしてしのぎ切るプラン。対アグロシャーマン、純正海賊ウォリなどのアグロデッキに有効。

 

3.手札温存長期戦プラン

地底よりのものや野獣の精霊など再展開用のカードを温存し、AOEを受けても戦線を維持しながら戦う。対コントロール戦で有効。

 

マリガン

3ターン目まできれいに動ける手札を用意しにいく。序盤は押し付けるデッキなので対応カードは原則キープしない。パッチーズを引くのを恐れて中途半端なマリガンをしないこと。(1/3追記:ランク戦など相手のデッキタイプが分からないシーン用に、マリガンはヒーローごとにメジャーかつアグロなデッキタイプを想定して統一してある。)

 

マストキープ

ちんけなバッカニーア、トンネルトログ、トーテムゴーレム、(1マナミニオンがあるor後攻かつ海賊クラスが相手の時)翡翠の爪、(4ターン目に使えるプランが見えたらor遅いデッキ相手の後攻でトログを持っていたら)野獣の精霊

1マナは3枚以上ある場合1枚返しても良い。

 

手札、マッチアップによってはキープ

精霊の爪、ライトニングボルト、炎の舌のトーテム、マナの潮のトーテム

マナの潮のトーテムは12月のラダープレイでは一度もキープしてないが、特定のマッチアップにおいては理論上キープした方が良いとは思っているので一応書いておく。

 

 

キャラ対

レノメイジ(有利)

マリガン:マナの潮のトーテム(要検討)、序盤の動きが確保されていれば炎の舌のトーテム、野獣の精霊

気をつけるカード:終末預言者、火山ポーション、ブリザード、レノジャクソン、フレイムストライク(全部1枚しかないので勝ちが見えるならリスクを背負うこと)

レノメイジ戦の勝ち筋は前述の①、③のどちらかで、だいたい③。とはいえ序盤は①のプランを狙えるようにブン回りを目指してマリガンする。対レノの一番のコツは”レノジャクソンを召喚されるターンにボードを完全に支配していること”。基本的にAOEとレノは同時にはこないので手札を上手く温存すれば必ず達成できるはず。AOEの前のターンにミニオンを出されたら小型をぶつけて清算しておくのもgood。メディヴ入りには不利な気がする。

 

アグロシャーマン(有利)

マリガン:(後攻かつマストから2枚以上キープできたら)ライトニングボルト

気をつけるカード:メイルシュトロームのポータル、炎をまとう無貌のもの

②のプラン。基本は受けの思考。相手の攻めを切らせてからボードを確保して勝つことを意識する。炎をまとう無貌のものに暴れられると確実に負けるので返し方は常に考えておく。よくあるのは野獣の精霊で返して取らせて5点火力で討ち取るパターン。スぺダメ+ポータルは最強の返し手なので最序盤に安易に切らないこと。相手のオバロを常に意識しておけば返し手の予想を絞れる。

 

ミッドレンジシャーマン(不利)

マリガン:(後攻かつマストから2枚以上キープできたら)ライトニングボルト

気をつけるカード:メイルシュトロームのポータル、ライトニングストーム

①、②のプラン。不利だがこちらもほとんどミッドレンジなので噛み合い次第では十分勝てる。最後までボードは取り切れないので限界まで維持したらボードを捨てて速度勝負に持ち込む。スぺダメトーテム出せるかのゲームという説もある。

 

ローグ(有利)

マリガン:マスト

気をつけるカード:墓荒らし、アジュアドレイク、ガジェッツァンの競売人

①のプラン。クソデカエドウィン以外は負けない程度には有利。4~6ターン目までヘルス4のミニオンが続くので常に4点出せる盤面&手札を意識する。早め早めに顔を詰める意識を持って早期決着を目指す。

 

レノロック(有利)

マリガン:マナの潮のトーテム(要検討)、序盤の動きが確保されていれば炎の舌のトーテム、野獣の精霊

気をつけるカード:終末予言者、悪魔の憤怒、地獄の炎、影の炎、レノジャクソン、奈落の始末屋(全部1枚しかないので勝ちが見えるならリスクを背負うこと)

①、③のプランで、だいたい①。全ツッパのヤンキープレイでも十分勝率は出せるが、マナ潮が引けていれば③のプランでも十分に戦える。全体除去を撃ちたそうなところで撃たなかったら持ってないということなのでオールインして一気に試合を決めたい。

 
純正海賊ウォリアー(有利)

マリガン:野獣の精霊のキープ基準を緩める、(後攻かつマストから2枚以上キープできたら)ライトニングボルト

気をつけるカード:ブラッドセイルの狂信者、コルクロンの精鋭、必殺の一撃

②のプラン。徹底的に受け潰しを狙う。挑発さえ立てておけば必殺の一撃以外で不意のリーサルはないので挑発ミニオンのヘルスは大事にすること。ブラッドセイルの狂信者で武器を強化されないように海賊は丁寧に処理していく。

 

海賊ドラゴンウォリアー(不利)

マリガン:野獣の精霊のキープ基準を緩める、(後攻かつマストから2枚以上キープできたら)ライトニングボルト

②のプランだが中盤以降も線が太く対処しづらい。特に4~6マナのドラゴンシナジーミニオンが軒並みシャーマンに強く、ボードを取れないことが多い。とはいえ相手は安定性に欠けるので除去に従事していれば事故ったり手札切れになったりしてボードを取り返せることも多い。ブン回られたらご都合デッキがよぉ~~~~って言いながら爆発する。

 

 

この辺りから対戦回数が少なくてかなり怪しい

 

 

(レノ)ドラゴンプリースト(微不利)

マリガン:(後攻なら)野獣の精霊を1枚までキープ、マナの潮トーテムもキープできるかも

気をつけるカード:ホーリーノヴァ、ドラゴンファイアポーション

①のプラン。とにかく全力で横に並べて5,6ターン目までに決着をつける。相手の1,2マナミニオンは攻撃力がすべて2以下なので最速野獣に対処できないことが多い。長引くと押しつぶされるのでリスクを負ってでも攻める姿勢で戦いたい。

 

翡翠ドルイド(?)

マリガン:マナ潮(要検討)

気をつけるカード:なぎ払い

①のプラン。理論上有利なはずだが爆速マナ加速や練気練気戦の古代樹でめちゃくちゃされたりワタリガラス回復で1手差くらいのぎりぎりの試合になりがち。微不利~微有利のどこかで、極端な相性差はなさそう。対ローグのような感覚で横並べ+顔削りを意識していけば十分戦えるはず。

 

アヴィクンマリゴスドルイド(有利)

マリガン:マナ潮(要検討)

気をつけるカード:なぎ払い

①。間に合うはずがない。轢き殺せ。

 

 

あとがき

環境にいる相手はだいたい書いた。ウォリコンは当たったことないけどきつそうだから増えたらデッキを変えた方がいい。まだ使い始めて1週間も経ってないのでここ浅くない?みたいなところ(特にマリガン)があったら教えてください。