読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Un'goro 事前評価

☆4 サンキューベンブロード(環境級)

☆3 強い(構築級)

☆2 弱い(アリーナ級)

☆1 ゴミ(ゴミ)

ドルイド

living-mana

【1】3マナの時に練気から撃ったら何体でるのか。5体出るならそこそこ強い、3ならゴミ。退化撃たれたり狂気ポーションで奪われたりしろ。

verdant-longneck

【2】アリーナで強い。スタッツが足りてねぇ。

ハンター

swamp-king-dred

【2】速さが足りない。使うならコントロール~ミッド帯で使いたいがヒロパの特性上それらは組みにくいのがネック。適応の流行り具合で若干強さが変わる。

the-marsh-queen

【3】1マナの質による。少なくともガジェッツァン環境分では弱い。1/1/2エレメンタルを使えば5ターン目に5/8/8を召喚できるので構築級か。

tolvir-warden

【1】クエストハンターには不純物。スペルライクな1マナミニオンが増えれば価値は増す。

メイジ

pyros

【1】LUL。何がしたいんだ。

mana-bind

【1】うーん。かっこいい使い方が思いつかないので☆1です。

arcanologist

【3】マッドサイエンティストが帰ってきた。シクレメイジどころか全てのメイジにとりあえず入れたい。

flame-geyser

【2】うーん。3/1/2雄叫び2点と考えればそこそこそこそこ弱い。他のエレメンタル次第では渋々採用されるかも。

パラディン

sunkeeper-tarim

【3】聖別で解決できないのがなーーーーーーーーー。いろいろしっくりこないがそれでも強い。Lost in the Jungleとも相性が良い。

dinosize

【1】ほーん。

hydrologist

【2】まぁ悪くはない。六丸と喧嘩するのでアグロマロパラとかでならあり得るか。

lost-in-the-jungle

【2】パラディンはいろいろ悪用できそうだが……専用強化がくればあるいは。マスバトはウォリアーのものになってしまった。

プリースト

awaken-the-makers

【4】うーん、OP!w ハイランダーで組むのが良さそうだが果たして。速いデッキが流行りすぎると間に合わないのでそこは環境次第。

curious-glimmerroot

【2】おもしろカード。諜報員をめっちゃ弱くしたカードなので普通くらいの強さ。

shadow-visions

【2】有能カードしか選択肢に出ないワタリガラス。しかし1マナと2マナの差はあまりにも大きい。ミラクルプリが組みたい。

mirage-caller

【3】さすがに強いしいろいろ悪用できそう。断末魔との相性が良いのが特にgood。

crystalline-oracle

【3】1/1/1何か入手は伝統的につよい。エレメンタルも付いてお得感がすごい。

tortollan-shellraiser

【2】パッと見よわい。スタッツもいまいちで効果もご都合感がある。ハイランダーで組むなら渋々入れるかも。

ローグ

sherazin-corpse-flower

【2】ヘルス3は脆い。

the-caverns-below

【4】ローグはバウンスもコピーも豊富なので想像よりは簡単そう。最速後1から発動するしゲームが壊れる予感。

vilespine-slayer

【2】まぁ強い。大型コンボは扱いにくいという定説があるので評価は控えめ。

mimic-pod

【2】よわ知性。おもしろカードではあるが結局使われなさそう。

シャーマン

kalimos-primal-lord

【4】Dr.8。選べるのが恐ろしい。

unite-the-murlocs

【2】メガフィンからメガフィン引けるなら暴れそう。単純に5ターン目5/8/8が強いとはいえ現状ではマーロック不足。六丸セットとフカだけいれたクエストタッチアグロシャーマンとかならあるいは。

stone-sentinel

【3】強いが自身のスタッツがやや心もとない。Kalimosに繋がるのでとりあえず入れてみるカード。

volcano

【2】パトロンシェイメ~~~~~~~~~ン

ウォーロック

clutchmother-zavas

【3】良いねぇ。しかしこれとインプだけではクエスト補助材が足りないので欲を言えばあと1種なにか欲しい。

lakkari-sacrifice

【2】評価に困る。あと1種潤滑油が来たら☆3だが現状では厳しい。

corrupting-mist

【3】新終末予言者。凍結と合わせて使いたい。

lakkari-felhound

【2】こいつが1-3交換できるかというと否。ディスカードハンドロックが日の目を見るか。

ウォリアー

explore-ungoro

【1】おもちゃ。アリーナならピックやり直せるので神。

molten-blade

【1】ほーん

中立

ozruk

【2】戦の古代樹ってカードを教えてあげたい。9マナのカードではない。

elise-the-trailblazer

gentle-megasaur gluttonous-ooze volcanosaur tolvir-stoneshaper golakka-crawler tar-creeper primalfin-lookout glacial-shard fire-fly pyros pyros amara-warden-of-hope plant nether-portal nether-portal nether-imp ungoro-pack sherazin-seed flame-elemental megafin rock-elemental invocation-of-water invocation-of-fire invocation-of-earth invocation-of-air crystal-core mana-treant queen-carnassa carnassas-brood

HS脱初級者への道

HearthStone

 

対象者:ルールは把握したけどいまいち勝てない、とにかくレジェンドにいきたい。

 

条件

・5k~10kの課金

・2~500戦回す時間

 

 

その1:デッキ選択

 

その時tier1の、アグロデッキを完コピして使い続ける

 

tier1とは、デッキパワーが最も高く流行しているデッキ群のこと。アグロデッキとは序盤から積極的に動き早期決着を狙うデッキのこと。

 

tier1を使うのは試合前にデッキパワーでの不利を背負わないため。とにかく一番強い武器を握りさえすれば、それだけでtier2以下をつかう物好き達より一歩リードできる。

 

アグロデッキを使うのはプレイ時間と難度を軽減するため。基本的にアグロデッキは戦略がシンプルで扱いやすく、一戦毎の所要時間も短い。低勝率でレジェンドに到達するには試行回数が必要になるため、早くマスターして大量に試合ができるデッキ選択をするべき。

 

完コピする必要があるのは初級者のデッキ改良は100%改悪になるため。資産が足りないなら課金。代用カードを使うのもプレイが歪むのでNG。

 

使い続ける必要があるのは、習熟度を高めなければならないため。レジェンドに到達するにはランク1まで最低でも51%の勝率を確保しなければならないが、初級者がそれを1ヵ月のうちに2つ以上のデッキで達成するのはまず不可能。そもそもランク戦で使うデッキは1つあれば十分なのに、なぜ2つ以上のデッキを用意するのか?1つのデッキと心中しよう。

 

なおtier1のデッキはtempostomハースゲーマーズで探せる。必見。

 

 

f:id:quf:20170313074859j:plain

 箸休めです

 

 

その2:デッキを理解する

 

ゲームプランを知り、マリガン基準を作り、正しくプレイする

 

ゲームプランとは、デッキの勝利条件を設定し、そこに到達するためにとる戦略のこと。例えばアグシャ対レノでの①レノ前に削り切る②レノ後もボードを確保して押し切る③レノがないことに賭けて顔を詰めるなど。ゲームプランはお互いのデッキタイプやその時の手札、盤面の状況によって異なる。デッキガイドや上手い人の配信を見てプランニングを身に着けよう。

 

HSの配信は主にtwichで行われている。おすすめなのはtylerというプレイヤー。tier1デッキを使いこなしてひたすらランクを駆け上がるので勉強になる。

 

www.twitch.tv

 

マリガンはこのゲームの中でも特に難しい部分。以下の思考をルーチン化して、試行錯誤しながらマリガン基準を作っていく。

 

①相手のヒーローで主流なデッキタイプは何か?

②そのデッキとの対戦ではどのような勝ち筋を目指すべきか?

③その勝ち筋に必要なカードは何か?

④お互いの1~3ターン目の動きはどうか。どの程度強気にマリガンするべきか

 

迷った場面はスクショしておく。残すか迷ったカードは試しに何度か残してみる。いろいろ試しながらより良いマリガン基準を構築していきたい。

 

正しいプレイ。ランダム要素は先に解決する、リーサルを見逃さないなどといった基本的なことはもちろん、トレードorフェイスやカードを使うかヒロパをするかに至るまでHSは1ゲーム中にいくらでもミスができるゲームなので、100点のプレイをするのは非常に難しい。マリガン同様プレイ中も迷った場面はスクショしておき、後で振り返って自分なりの答えを出す癖をつけると上達が早い。

 

 

 

f:id:quf:20170316002018g:plain

箸休めです。(フリップフラッパーズ 4話 : きゃぷちゃ保管庫)

 

 

その3:戦う

 

ティルトを回避し、勝てるときに一気に星を稼ぐ

 

レジェンドに到達するにはとにかくランク戦をこなし続けることが必要で、レジェンド未到達者の大半はそもそも試合数が足りていないことが多い。月末に近づけば近づくほど上級者とはあたりにくく、勝ちやすくはなるものの、間に合わなかったという事態を回避するため遅くとも中旬には本格的にランク戦を回していきたい。

 

ティルトとは、平常心を失った状態のこと。負けが続くと星を取り返そうと躍起になってプレイが雑になるというのは誰もが経験したことがあるだろう。勝率50%未満でのランク戦は(連勝ボーナスがあるとはいえ)やればやるだけ損をしていくので、自分がティルト状態だと気付いたときには一旦休憩すること。3連敗したら一旦休憩など自分でルールを決めておくのは良いティルト回避策になる。

 

ランク戦のデッキ分布は、たとえカードプールの変化がなくてもゆったりと変遷していく。新たなデッキが開発されたり、メジャーな大会で活躍したデッキが流行したりするし、様々なデッキが試される月初と、ランクを上げるためtier1デッキが増加する月末というように日にちが変わるだけでも環境は異なる。上級者はメタの変遷を察知しそれに適したデッキ選択を行えるが、初級者はそうもいかない。初級者にできる最良の選択は、1つのデッキを使い続け習熟度でのアドバンテージを確保しながら、偶然”メタが合った”時間帯に大量に星を稼ぐことだ。勝てると思った時は時間と体力が許す限り全力で回し続けよう。

 

 

上記をすべて実践すればレジェンドになれます。

f:id:quf:20170316002526j:plain

勢いあまってtop100フィニッシュしたりもする。

 

次回は気力があったらトレードorフェイスの考え方などの小手先知識回になったりならなかったりします。

17.3.5

 

 たまには自分のことを書くか、ということでやっていく。

 

 就活の話。特になりたいものも無いしやりたいことも無いしなんなら働きたくもないと言っているうちに始まってしまった。みんなだって多分なりたいものもやりたいことも特に無いけどどこかで折り合いをつけて次に進もうとしているはずで、俺だけが子供だ。

 

 思えばこれまでの人生、自分で自分の進路を決めたことがなかった。学力検査をして、提示された所に入る。適切な位置に収まって、たまに転んで下流に落ちて、そうしてレールの上をここまで来た。将来のためにと積み立てていたはずのものは貯金ではなくただの負債で、いつのまにか返済を迫られているような感覚がここ最近ずっとある。

 

 しかしそれでも、乗り換えの時間は迫っている。俺も次のレールを見つけて、ここではないどこかに行かなければならない。とりあえず髪を切って、説明会にはちゃんと行こう。みんな良い情報があったら教えてください。

 

 躁鬱みたいなテンションの上下になってしまった。就活の話おわり。

 

 生活の話。これを書いている今は午前3時で、毎日こんな調子で、つまるところ生活リズムが終わっている。俺は朝に起きて朝食を食べて、家事をこなして活動をして、夜になったら眠りたいだけなのに、どうしてそれだけの事がこんなに難しいのか。最近、というかここ数年、昼夜問わずインターネットに接続していて、無限の活字に晒されている。それが良くないのかも知れない。twitterをやめろ。

 

 アニメの話。また今度。

 

 ゴミを出す。髪を切る。薬を貰う。労働をする。明日はタスクが山積みだ。早く寝たい。

 

 

人生、本、10冊

 

そういうことです。

 

 

かいけつゾロリのようかい大リーグ

 かいけつゾロリシリーズは好きで、20巻以上は読んだ記憶がある。その中でも特に熱かったのがこの回。今となってはなぜ妖怪なのか、なぜ野球なのかもさっぱり覚えていないが、なんかゴジラっぽいのが葛藤を乗り越えてホームランを打つみたいな話に当時サッカー少年だった俺は心をうたれた。他にはチョロQ改造してレースする話とかも覚えている。

 

例解 新国語辞典

例解 新国語辞典

例解 新国語辞典

 

 辞典。なぜか好きで一生読んでた。読破したような記憶があるが美化記憶の可能性が高い。これのせいでテストで曖昧に高得点を取るようになり、性格が歪んだ気もする。

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)

 

 硬い、デカい、重い。なぜこんなものが流行ったのか理解に苦しむ。挿絵が味のある絵で好きだった。全巻読破したはずだがとくに気に入った文とか話とかは無い。

 

陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

 

 この辺りから本には面白いものとそうでないものがあるということを理解したような気がする。あと同じ著者の本はだいたい同じくらい面白いということも知り、読書生活が改善された。いわゆる小説っぽい小説を読み始めの最初の一冊なのでよく覚えている。

 

四畳半神話大系

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 

 高校終わったら人生も終わる予定だったがこれを読んで寿命が延びた。ちょうど同時期にアニメも放送されており、深夜アニメを見始めるきっかけにもなるなど影響の大きい一冊。

 

好き好き大好き超愛してる

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

 

 一人称口語文は俺によく刺さる。『煙か土か食い物』が代表作として扱われがちだが俺はこっちの方が断然好き。この頃から”祈り”を意識し始めたように思う。

 

高丘親王航海記

高丘親王航海記 (文春文庫)

高丘親王航海記 (文春文庫)

 

 これも森見登美彦の影響で読んだ気がする。『快楽主義の哲学』も好き。おっさんが旅をする話はだいたい良い話。

 

旅のラゴス

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 

 おっさんが旅をする話。だいたい俺強ラノベの筋なのでそういうのが好きな奴におすすめ。読後は一生勉強してたいよなぁというようなことを思ったが、気の迷いだった。

 

神学のよろこび

神学のよろこび―はじめての人のための「キリスト教神学」ガイド

神学のよろこび―はじめての人のための「キリスト教神学」ガイド

 

 御大の本はいくつか読んだが、これが一番とっつきやすい。”キリスト教信仰の最も偉大な洞察の一つは、やろうとすれば何でもできるであろうが、私たちを救うことを選ばれる神を私たちが知っているということです。”の一文が本当に良い。

 

利己的な遺伝子

利己的な遺伝子 <増補新装版>

利己的な遺伝子 <増補新装版>

 

 動物行動学の本をつまみ食いしてしっくりこなかったところをほぼすべて解決してくれた一冊。特に社会性昆虫の利他(同時に利己)行動の話がめちゃ良くて、生物学の面白さが詰まっている。

 

 

振り返ってみるとなるべくしてこうなったという足跡だった。それ好きならこっちもおすすめだよみたいなのがあったら是非教えてほしい。そのための記事なので。

HS大会用語解説

HearthStone

 

やっていきましょう。

 

 

大会形式

シングルエリミネーション

 一般的なトーナメント。一回負けたら敗退。

ダブルエリミネーション

 敗者復活戦つきトーナメント。二回負けたら敗退。

スイスドロー

 勝ちは勝ち、負けは負け同士で戦っていき全勝が1人になったらそいつが優勝。

 

試合形式

・Bon

 Best of nの略で最大n戦という意味。日本語だと(n+1)/2本先取ということ。例えばBo5だと3本先取。

・コンクエスト

 勝ったヒーローはその試合中は使用禁止になっていくルール。負けた側は使うヒーローを変えてもよい。

・ラストヒーロースタンディング(LHS)

 負けたヒーローはその試合中使用禁止になっていくルール。勝った側は引き続きそのヒーローを使い続ける。

・mBan

 試合開始前にお互いに相手の使用ヒーローのうちm個を宣言し、それらを使用禁止にするルール。

 

例1

4hero1ban Bo5コンクエスト

 予め4ヒーローを用意し、試合開始前にお互いのヒーローを1つ使用禁止にする。残った3ヒーローで戦っていき勝ったヒーローはそれ以降使用禁止。先に3回(=すべてのヒーローで)勝ったプレイヤーの勝利。

 

3hero Bo3コンクエスト

 予め3ヒーローを用意しする。それら3ヒーローで戦っていき勝ったヒーローはそれ以降使用禁止。先に2回(=3ヒーローのうちどれか2つで)勝ったプレイヤーの勝利。

 

4hero1ban LHS

 予め4ヒーローを用意し、試合開始前にお互いのヒーローを1つ使用禁止にする。負けたヒーローはその試合中使用禁止になっていき、勝った側は引き続きそのヒーローを使い続ける。先に使えるヒーローが無くなった(=すべてのヒーローで負けた)プレイヤーが敗北。

 

その他、マナーとか

・Bye、Defwin

 不戦勝。参加者が奇数だったりするとよく起こる。

・チェックイン

 参加登録の後、試合開始直前(だいたい1時間か30分前)に出席確認がある。これを忘れると失格になる。たいてい分かりやすいところにボタンがある。

・ブラケット

 これ

・Ban宣言の手順

 だいたいブラケットの上or左側のプレイヤーが先に宣言し、直後にもう一人が宣言する。あいさつ→Ban宣言いいすか?→Banの流れが普通だが、いきなり宣言してくる人間もいる。

 

 

大会サイト

ちゃろんげとかストライブなんとかとかバトルファイとか。後で追記します。

 

 

大会情報

これを見る。

 

 

最初の1歩が重いけどそこからは楽しいのでどんどん参加していけ。

ミラクルニキ品評会メタレポート(1月第4週)

はじめに

ミラクルニキでは統一テーマでコーデを募集しユーザー投票によって順位を争う『コーデ品評会』が毎週行われている。本稿ではランキング上位者のコーデから傾向を分析し、対策を検討する。

 

総評

今回のテーマは「動物園デート」。必要とされる要素としてまず挙げられるのは耐寒性、機動性、動物シナジーだ。事前の予想通り”トナカイガール”を軸にしたミッドレンジ系統のコーデが爆発的に流行し、1/26午後2時時点での上位20名のうち実に17名がミッドレンジトナカイ及びそれに準ずる構築を採用している。これにはベンブロードも不満顔だろう。

 

Tierリスト

Tier1

ミッドレンジトナカイ

Tier2

コクーンコントロール

白グッドスタッフ

Tier3

背景エクストラウィン

 

コーデ解説

ミッドレンジトナカイ

f:id:quf:20170126151629j:plain

”トナカイガール”を主軸にマフラー、ブーツを加えたコーデ。特に靴下に”トナカイソックス”を採用したものは純トナカイと呼ばれる。その入手の容易さから使用者数も多く、圧倒的王者として現環境に君臨している。耐寒性、機動性、動物シナジーを確保しつつコーデの一貫性も高いため、対策は困難を極める。

 
コクーンコントロール

f:id:quf:20170126151710j:plain

”スノーコクーン”を採用し耐寒性に重きを置いた構築。なかでも白系の上下に差し色として赤を加える紅白コクーンはトナカイ環境のほぼ唯一の解答と言えるだろう。

 

白グッドスタッフ

f:id:quf:20170126151744j:plain

コクーンコントロールより耐寒性を下げ、代わりに機動性を得たオーソドックスな白構築。その多様性の高さから動物シナジーを組み込むことも可能で、今後の発展に期待が持てる。

 
背景エクストラウィン

f:id:quf:20170126151817j:plain

投票時に右側のコーデが上位レイヤーにくることを利用し、背景によって相手の表示領域を塗りつぶすことを目的とした構築。そのあまりの場外乱闘ぶりに票が集まることはないが、トナカイ一色の現環境に一矢報いることはできる。

 

おわりに

”トナカイガール”の一刻も早いnerfが待たれる。背景エクストラウィンは”骸骨の王座”で行うのが最も効果が高いと思われるが200回投票しても資料が得られなかったため情報提供者を募集している。

いきなり勝ちたいOCG【SV編】

 

はいどうもこんにちはこんばんはqufです。今日は、OCGをインストールした初日にいくら諭吉をぶっこめば最強デッキが組めるのか?を検証します。よろしくお願いします。

 

ルール

・デッキパワー、使用難度、気持ちよさを考慮して2デッキをピックアップ

・配布パックは考慮しない

・カードはすべて作成する(パックから引けなかった)と仮定

 

このため実際の課金額よりは多少高く推定されます。運が悪い人基準だと思ってください。

 

Shadowverse

1パックあたりの金額:200円

1パックあたりの期待エーテル:470

参考:シャドウバースでエーテルを3500集めるために必要な金額 - 備忘録とか

 

Shadowverseにおける最強デッキはテンポウィッチ、アグロヴァンプです。

参考:【シャドウバース】環境最強デッキ集(Tierランキング)【バハムート降臨/Rise of Bahamut】 - シャドウバースデッキ攻略|GameAI

 

テンポウィッチ

強さ:★★★

使用難度:★★☆

気持ちよさ:★★★

 

デッキ解説

SV随一の壊れカード、次元の魔女・ドロシーを軸にスペルブーストを駆使して戦うデッキ。

f:id:quf:20170110072703p:plain

効果:【ファンファーレ】手札をすべて消滅させ、カードを5枚引く。5回【スペルブースト】する。
【スペルブースト】コスト-1

スペルブーストの計算など適度に考えることもあって使っていても楽しいデッキ。使われるとイラつくので使う側にまわりましょう。

 

デッキリスト

f:id:quf:20170110091954j:plain

レジェンド:3枚

ゴールド:3枚

シルバー:9枚

ブロンズ:14枚

プライズ:11枚

必要エーテル数:15,400

 

予想必要パック数:約33パック

予想必要課金額:約6,600円

 

剥くべきパックは次元の魔女・ドロシー狙いで『バハムート降臨』。33パック剥けば5%くらいで引ける。

 

 

アグロヴァンプ

強さ:★★★

使用難度:★☆☆

気持ちよさ:★☆☆

 

デッキ解説

吸血姫・ヴァンピィなどのフォレストバットシナジーを活かして6ターン前後で20点を削り切る高速デッキ。

f:id:quf:20170110090442p:plain

効果:自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。進化時 フォレストバット1体を出す。

高速で回せるのでランクマッチ周回に最適。

 

デッキリスト

f:id:quf:20170110092128p:plain

レジェンド:0枚

ゴールド:3枚

シルバー:9枚

ブロンズ:18枚

プライズ:10枚

必要エーテル数:5,100

 

予想必要パック数:約11パック

予想必要課金額:約2,200円

 

剥くべきパックは吸血姫・ヴァンピィ狙いで『ダークネス・エボルヴ』。11パック剥けば3%くらいで引けます。

 

総括

SV意外と安い。本当にサイゲのゲームなのか?HS編もこのページでやろうと思ってたけど飽きてきたのでまた今度。